Diary over Finite Fields

515ひかるの日記と雑文

赦し、赦され

誰かから赦されたい、そんなことを常々思っている。 わたしは後悔なんてないとうそぶいて、毎日のように思い出して突きつけられるやらなくてはならなかったこと、やるべきではなかったことに目をそらしつづけ、たまに直視してももう自分にできることなんてな…

単調な生活を繰り返すだけ

何かの始まりや、何かの終わり。それを越えるまでは、その先があるなんてとても信じられないけれど、越えてしまえば確かに存在する。 単調な日常、退屈な日常。 日常の先にまた節目があって、また全力でその節目を越えるために尽くす。そして越えて、また日…

入社した

無事入社しました そういえば書いていなかった。入社をした。 初出社の日は緊張して1あまり寝られなかった上に、早くに起きてしまった。10:00からと言われていたのに9:00過ぎには会社の近くについてしまっていて、エクセルシオールで時間を潰してから出社し…

止まったままの腕時計

僕は自分のことが好きではない。 自分が何かをなせるとも、何かをなすべきだとも思っていない。ただ、誰にも知られずにひっそりと死んでいきたい。僕が死んでも誰も悲しまない、そんな生き方がしたい。 いつからかはわからないけれど、そんな風に思うように…

望んだ未来へ

橋の上での習慣 僕はどうも橋に縁があるらしい。 blog.515hikaru.net 京都に住んでいた頃、僕は毎日橋を渡っていた。そうしなければ出勤できない場所にオフィスがあったからだ。そして東京に引っ越してなお、橋の近くに住んでいる。歩いて渡らずに済ませる方…

傲慢なコミュニケーション

社会、想像してた38倍くらい下ネタが多くて驚いたのを思い出した。 “飲み会の場でも技術的な話題は交わされず, 風俗に行ったときの話などレベルの低い会話がなされていたことは非常に悲しかったです.” / “大企業の技術系インターンシップに参加した - Alice …

ひたすら休んでいる

思っていたよりも休みが長くて、特に創造的なこともせず、遊ぶこともせず、何もなせないまま日々が過ぎていく。別に何かを為すために生きてなどいないので、それでもいいとも思っている。 ただ、前に書いたように、たまには毒でも入れないと感性が麻痺してい…

生きる苦しみの代弁者 ―― CIVILIAN

最近 CIVILIAN というバンドにハマっている。 civi-l-ian.com 初めて聞いたのは昨年の秋ごろで、ストリーミングでリコメンドされた曲をとにかく聴いていたら耳についたのが「セントエルモ」という曲だった。そして先月、赤坂マイナビ BLITZ でのライブを経て…

退職します

退職する。最終出社日とかはまぁあえて書く必要もないと思うので、知りたい人はTwitterでもみて察してほしい。 次の会社には5/7に初出勤になる。まだ先のことだ。今日よりは気温は確実にあがっているだろうが、それくらいしかわからない。 ちなみに真面目に…

最近の還元を受けられる電子マネーを使ってみた気持ち

使った分の1%やら10%やらを還元するのは別に大して珍しい話ではない。クレジットカードは引き落とし額の1%はなんらかのポイントになるのが普通だし、ヨドバシカメラやビックカメラなどの大手家電量販店は通常時でも10%還元商品が多数存在する。決算期には13%…

見せしめ

さて、なにから書こうか。 毎日何かしらの文章を書いているはずなのに、このところ言葉にできないことばかりだった。平凡で、少しエキサイティングで、優しく、厳しい毎日だった。 何を書けばいいだろう、楽しかったこと、ショックだったこと、怒りを覚えた…

ポモドーロテクニックをやってみた

今日ポモドーロテクニックというのをやってみた。ポモドーロテクニックって何か知らない人はわたしが書かなくても腐るほど WordPress で作られたブログが出てくるからてきとうにググってほしい。僕がポモドーロテクニックというのを初めて知ったのは『エンジ…

近況報告

近況 ここのところいろいろなストレスから解放され、いろいろと精力的に(?)活動している。生活のいろいろを整理し始めていて、お金の管理、日々のタスクの管理とかに凝り始めている。 サブスクリプションサービス ソフトウェアがパッケージを買い切り型から…

正解を探す人々

森博嗣の『悲観する力』を雑に読んでいた。 悲観する力 (幻冬舎新書)作者: 森博嗣出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2019/01/30メディア: 新書この商品を含むブログを見る この手の本はあまり読まない。たとえば "楽観する力" なんて本があれば僕は著者が誰で…

はじめまして、こんにちは、さようなら

長く起きてしまっている。寝ないとなぁ、と思いながらこんな記事を書いている。 微妙に残ったココアパウダーは、ホットミルクをココアにはしきれずに、だけど牛乳ではない味になっていてなんとも言えない感じがする。深夜に暖かい飲み物を飲むとホッとする。…

新しいものに関する情報を得る方法

このブログではたまに「情報」について語っている。具体的には、自分が知らないことを知りたいときはお金を払って情報を手に入れるべきだ、とか書いたことがあると思う。 「情報」の扱いについてはなんとなく自分が普段から考えていて、意識せずとも実践して…

「コードを書けるだけで幸せ」

という発言をたまに聞く。だいたい SIer 出身とかで人に実装作業を投げるために Excel に設計書だけおこしていた人たちがよく言っている。その人たちの過去の全てを知っているわけではないが、ネット上の様々な噂や過去のわりと壮絶なエピソードを聞くと、そ…

ThinkPad T480s を買った

買った。この前、唐突に。 ThinkPad T480s なんで? いや欲しかったから... 最近の Windows10 なのか ThinkPad なのかわかりませんが、タッチパッドが Mac の挙動をパクって参考にして作られているようで、3 本指で Misson Control みたいな画面が出てきたり…

Judge Eyes   死神の遺言 クリア後感想

ホコリかぶる前に終わらせよう、2018年が終わる前に終わらせよう、ということでメインストーリーをクリアしてきました。クリアしたのは大晦日だけど感想は年が明けてから書いています。 JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言 - PS4出版社/メーカー: セ…

2018年を振り返る

毎年、今年を振り返ろうと思うたびに、どうせ西暦にせよ何にせよ人間が決めた慣習でしかないのになんで振り返る必要があるのかなと少し思うのだけど、どうせ理由やきっかけがないと振り返れるものも振り返らないので、その理由やきっかけとして機能してくれ…

ただただ、月を見ていた

月がきれいだった。 車通りの多い交差点、騒がしいパチンコ屋、閉店準備をしているケーキ屋、眩しい工事現場。それらを尻目に信号を待ちながら月を見ていた。目が離せなかった。 きれいなものを見ると不安になる。心がざわつく。でも、目が離せない。きれい…

届かない手紙、宙に浮いた疑問

別に誰に言いたいわけでもないのだけれど、考えたことをいいたいことがある。今朝考えたこともそんな内容だった。ただ言えるような誰かがいない。 ここに書くにはさすがに私的すぎる話であり、他者が介在する話でもあるのであまり書く気にはならない。だから…

ほこりかぶったゲーム

ここのところどこにも居場所がない気がする。 家に居ても、仕事をしていても、何をしていてもどこか落ち着かない。1人が急速に心細くなってくることもあるし、大人数がすごく嫌になることもある。 イルミネーションをそこかしこで見かけるので、必然的に過去…

嘘つきは泥棒の始まり

好きとか 嫌いとか 欲しいとか 気持ちいいだけの台詞でしょ 椎名林檎がそんな歌詞を書いていたのを思い出した。 言葉になんの意味があるというのだろう。いや、人間は文字であれ音であれ言葉で他者と意思疎通をしているというのは知っている。ただ、自分の過…

Apache Arrow Meetup行ってきた結果OSS活動の一歩を踏み出した

久々にブログっぽいこと書きます。 Apache Arrow東京ミートアップ speee.connpass.com 開発者を増やすための会、ということだったので行ってみた。Apache Arrowのことよく知らない*1のだけど、日頃データフレームを扱う業務をしている人間としては、こういう…

すりきれたカセットテープ

今どきカセットテープなんか使わないけれど、すりきれる音楽の再生媒体がカセットテープしか思いつかなかった。 この三ヶ月ほど季節の変わり目だったせいか*1色々と精神不安定だった。何曲か何度聴いたかわからない感じの曲が増えた。 秋の夜長に聴いた曲た…

ずっと夜明け前

住んでいる集合住宅のエレベーターが、いつの間にか「ドアが開きます」という音声アナウンスをするようになっていた。いつ変わったのかは覚えていないが、今週のことだったと思う。 日常の、しかもこんな些細な違いだしいつしかあたり前となって消えていくん…

明けない夜があってもいい

明日なんてこなければいいのにな、ってこの頃思う。 毎日がどこか上の空。毎日がどこか他人事。あってもなくても同じ。誰と話しても、誰かと過ごしてもそこに覚えるのは虚無感だけ。 なんだか、ひどく疲れてしまった。 わたしは CI が仕事をするのをたまに w…

ぬるくなった缶コーヒー

思い悩んだときは空を見上げる。そこにあるのはだいたい夜空か月か。 今日の月はきれいだった。それだけで人生を前向きに捉えることもできるし、何かを決心することもできる。人は、いや、わたしは存外感情的な生き物だ。今日は特に何も決心しなかったけれど…

CDを買った

またCDを買った。どうせ0時まで待てばSpotifyで聴けるのだけど、CDを買った。そんな人生もある。 古本屋で働いた経験から、ものに執着があるのかもしれないとたまに思う。 blog.515hikaru.net [ALEXANDROS] Sleepless in Brooklyn を買った。 Sleepless in B…