Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

やさしくなりたい

今日したこと

六時過ぎくらいに目が覚めた。昨晩少し飲みすぎたせいか、酒臭い自分を自覚した。しばらく何もやる気が出ず布団の上でひたすら無をしたあと、シャワーを浴びる。そして七時半ごろから二度寝した。わたしが普段飲みすぎた朝にする行動はほぼこれ一択だ。二度寝すると本当に飲みすぎていない限り二日酔いは収まる。

9時ごろに再び起きた。出社をしたのはいつもとあまり時間が変わらなかった。

今日も忙しい。最近1日16時間労働しないとすべてが終わらない気がしてきた。なかなかしんどいので勘弁して欲しい。昼ごはんはステーキ屋でハンバーグを食べた。

夜は少しプログラミング言語の勉強をし、今日はそそくさと帰った。帰り道にバドワイザーを買って飲んだ。村上春樹の作品の登場人物ってどれほどバドワイザーを飲むのだろう。少なくともパン屋襲撃では飲んでいなかったと思う。

そして今に至る。

所感

感覚がバグって真夏日なのに涼しいと感じる

厳しい仕事

最近厳しい仕事をしている。開発者が幸せになれないタイプの開発をしている。世の中にはいろんなソフトウェアがあり、歴史的経緯や政治的理由で歪められたものがたくさんあると認識してはいるが、どのようにしてこういうものが生まれるのか、その片鱗を見ている。いや、むしろその開発に従事している。

せめて顧客にだけは幸せになってほしい。

Django で開発をしているが、与太話でいまの自分のチームの開発状況を別のチームの人に話してみたら、 Django を使わないほうがよかったのでは、という結論になった。Django のテストに対する手厚さというか、自動テストで POST や GET を投げるのが簡単に書けたり、データベースにデータを前もって入れておく(fixtures)機能とかが便利なのだけど、あとは開発者が「慣れている」以外の利点がない。

だんだん勘所がつかめてきたので、自分が諸々を確認しながらちまちまとテストを追加している。CIを設定するのにも一苦労したが、一生使わない知識だなと思った。StackOverflow は一生使わなそうな質問にも答えがちゃんとついているのですごい。

今日のアルバム

Fantastic Magic

Fantastic Magic

おわりに

仕事は厳しくても、最後までやさしくありたい。