Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

映画

明日、 君がいない

人が生きるとはどういうことか、 ということは常に多くの人が考え、 表現していることだと思う。 僕が最近(今更ながら)観たものでは、 黒澤明監督作品、 「生きる」 はまさしく人が生きる、 死ぬというのはどういうことかを真っ正面から表現していた。 時代…

「風立ちぬ」を考える

映画、 「風立ちぬ」 を鑑賞した。 結論から言えば、 良い映画をみたと思う。 描きたいものを描き、 それをみた一定数の人が感動する。 映画ってそういうものだし、 それで良いと思っている。 それに、 基本的に人が作ったものに対してぶつぶつ言うのは好ま…