Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

もしも女性として生まれていたら...

まえおき

もし、女性として生まれていたら、自分は今の職業についただろうか。あるいは、同じ高校、大学に進学していただろうか。同じ専門分野を選んでいただろうか。そんなことを考えていた。

残念ながら、僕は同じ親、同じ家庭環境、同じ小中学校に通ったとしても、今の経歴を選ぶという自信は持てなかった。そう感じる理由のひとつに母親の存在がある。

母親の言動

僕の母はたまに「女は」あるいは「男は」という言い方をする。その言葉がどのような内容であれ、僕はその主語を使われた途端に聞く気を失くす。

母親は昔からよく言っていた。「女の子なのになんで浪人するの? 男ならまだわからんでもないけど」、「男なんだから、就職だけはちゃんとしなさい。女ならまだしも」など。世代もあるかもしれないし、母親の価値観だけがおかしいと主張する気はない。しかし、中学生の頃くらいから漠然と感じていた違和感が、今ははっきりとした不快感に変わった。

なぜ性別で自分の進路選択良し悪しが変わるのか。もしも僕が女性だったら、いまの大学への進学に反対したのだろうか。

きっと悪気はないのだろうし、僕も母親をそこまで嫌っているわけでもないし、むしろ良くしてくれていると思う。だが、この点はどうにも好きになれないし、きっと死ぬまでわかりあえないだろうと思う。

性別と成績

あらかじめ書いておくが、データはない。自分の周囲から観測したことと知り合いから聞いたこと、その印象だけで書く。印象なので説得力はない。

学校の男女比

中学時代までは、賢いと言われている人の多くは女子が多かった。少なくとも僕の中学校で、僕の学年ではそうだった。しかし、高校に進学するといわゆる賢いやつは男子が占めていた*1し、他の高校でも進学率が高い高校のほうが男ばかりだというふうに聞いた。大学に入るとさらに男女比の偏りを感じ、男子だらけになった。

成績の伸び方? 下がり方?

小学生くらいのときに、まぁまぁ偉い立場の先生が「女子のほうが成長が早い。男子のほうがあとで伸びる」といった。そう言っていたと思う。

僕はある時期まではそれが正しいと思い込んでいて、実際に僕は高校時代のほうが中学時代より成績はよかったからだ。しかし、いまの僕には逆に感じられる。男が伸びる理由の説明にはなっていないけれど、姿形も具体的には見えない「誰か」が女子の成績を下げているんじゃないか、と今の僕は考えている。

そして、氷山の一角のごくごく一部が僕の母親なんじゃないかと思う。さらには、僕も一員かもしれない。

性別関係なく生きたい

男性の前でだけは学歴を隠したり、わざと賢くないフリをする女性*2が存在するらしい*3。つまり「成績が悪い女性」に"需要"があるので、それを"供給"する方向に動いているわけだ。

なんというか、ナンセンスな話だなと思う。本来なら性別に関係なく、自分の生き方を追求するべきだと思うのだが。

一方で、自分が女性だったらばきっとプログラマという職も、数学という学問も、努力して入った大学も、理系という道も、敢えて通った遠い高校も選ばなかったかもしれない。そう思うと、性別が経歴に与えている影響というのは、あまりにも大きすぎるように思う。

できることなら、今後小さくなっていってくれることを願う。

ちなみに、僕もいま自分が男性であることで少し窮屈な思いをしている。詳細はきっと後日公開する。

*1:文系でも理系でも。

*2:騙される男がバカだなぁと思うが。。。

*3:ここ数年、私的な場での異性との交友をほぼ断っているので色々と憶測や伝聞の域を出ない。

2018年とテレビと僕

年末年始特番を見て

久しぶりにテレビを見た. 2017年は帰省をしたときと, 吉野家にいるとき以外はほとんどテレビ*1は見なかったので, 3日間もテレビを自由に見られる時間というのはとても久しぶりだった.

しかし, 1/1 くらいまでは楽しかったがもう飽きた. もういい.

年末年始の特番なので相対的には面白いはずなのだが, それでもこの感じなので普段は推して知るべしと言ったところだろう.

*1:連ドラもアニメも含めてほとんど見ていない.

続きを読む

2018年になったけど2017年を振り返っておく

ゆく年 くる年

2018年になった. あけましておめでとうございます.

そして少し遅くなりましたが, 読者のみなさん, 昨年はありがとうございました. 今年もよろしくお願いします.

  • ゆく年 くる年
  • 2017年を振り返る
  • 仕事
    • 転職を検討して行動した
    • 何をやったか
  • 私生活
  • 最後に
続きを読む

幸福の相対評価

わかりあうこと

色んな人間がいる. わかりあえること, わかりあえないことがある. 何から何までわかりあうことなんて出来やしない, だから, 歩み寄っていかなければならない.

という綺麗事を書くのは容易いけど, 現実にはひどく難しい. 僕も他人を受け入れているようで, ただ拒絶しているだけなのではないかと思うことがよくある.

そして僕にとってもっとも理解し得ないものが, この相対評価である.

幸福の測り方

夏に, 幸福の絶対量がもしも測れたらという夢想をしていた. つまり絶対的な指標でもって幸福を定義できるかどうか, ということを考えていた. もちろん, 無理だと思う.

blog.515hikaru.net

だが, おそらく人間には自分がいま幸せであると確信したい, 確かめたいという欲求があるのだと思う. なので自分の幸福度を何らかの方法で確かめようとする. それは時に「他人との相対評価」として計算がなされる.

あの人より自分の方が年収が高い, 自分のほうがあの人より旅行に行っている, 自分の方が友達が多い. 自分の方が美味しい, あるいは美味しく見える料理を*1食べている.

そうやって, 他者の人生の一部と自分の人生の一部を比較して, 幸福を測る人がいる.

比較に負けて, 嫉妬だけする人

別にこれ自体が完全に間違っていると主張するつもりはない. だが, 比較対象について自分が負けて居た時, それが「自分が不幸である」ことを意味し, そのネガティブな感情が嫉妬などの形に変わるとき. その瞬間の人間の醜さが, どうにも見ていられない.

もしも, ポジティブに居られるなら, 例えばお金が足りないなら転職を考えるとか, 恋人が欲しいならアクションをするという形で自分の行動を変えられるなら, 僕には文句はない. ただ, 嫉妬の感情だけを保持して何もしない人がいる.

特権ではなくなったとき人

さらに, この評価方法だと, 自分が何かを失ったわけでもないのに「不幸せになった」と感じることがある.

例えば, ある組織に入る時に, Aさん, Bさん, Cさんだけに与えられているものがあったとしよう. ベンチャー企業だとストックオプションに相当するものかもしれない. そして組織は大きくなるが, Dさん以降に入った人にはそれは与えられなかった.

しかしのちに, 現状の不平等を是正しようとDさん以降の人にもそれを与えることとなった. このとき, Aさんたちは何も損をしていない. しかし, なんとなく彼らの中には「損をした」と感じる人もいるだろう.

自分と他人を比較して, ある点では決定的に優位だった. その優位性が残念ながら崩れ去った時, 他者と比較をすればするほど, 不幸せになるものだ.

僕の幸福の指標

僕はステータスなど気にしたことがない. 何の資格もない. TOEIC さえ受けていない.

海外旅行に行ったことはない, 年収には不満がある. 友達なんていない, インスタ映えする料理よりいつもの定食屋で食べる唐揚げのほうがいい.

しかし, それを恥だと思ったことも, それで自分の人生が他者よりも不幸だと思ったことがない. それで, いいじゃないか.

何を競うことがある, 自分の人生だろう.

他人と年収を比較して足りないと思うなら転職でもなんでもすればいい. 時間がなくて海外旅行にいけないと嘆く暇があれば時間を作る努力でもすればいい. うまい飯, 見た目がいい飯なんていくらでもあるし, それこそインスタグラムをあさって探せばいい.

自分にとって, 自分が幸福だと思える尺度に沿って僕は行動している. 僕は自分が幸福であることに自信を持っている. そして, 僕はもっと僕を幸せにしたいし, そうできる自信がある.

blog.515hikaru.net

お互い分かり合えないことから

こんな風だから, 僕は自分と他者を比較して, 自分の幸福を相対的に測っている人の気持ちがわからない. そして, どうも分かり合えない気がしている.

別に分かり合える必要もない. こういうのは個人の価値観で, 自由に決めていくべきことだ. そして, 僕もこれを理由に人を嫌ったり, 差別したりすることもない.

それをお互いに保証できれば, 世界はもっと平和になるのにな, と思う.

*1:インスタ映えが流行語大賞になったように.

クリスマスの夜に

今月を振り返る

最近はまとまった文章を書いていなかった. これはプライベートに限らず, 仕事でもだ.

気がついたらクリスマスも終わって, クリスマスから年末ムードへと移行するその真っ只中で僕はこの文章を書いている. 季節は冬, 年は2017年.

今月はしばらく忙しかった. 年末になってやっと落ち着いてきた感じがある.

続きを読む

2017年をゆるく振り返ろう -- 映画編

この土日は用事がないので何気なくやっていきます。

今回は映画編。はてさて何を見たんだっけな?と思い返してみます。

  1. LALA LAND
  2. 虐殺器官
  3. GHOST IN THE SHELL
  4. 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
  5. 散歩する侵略者
  6. ダンケルク
  7. ブレードランナー2049
  8. アトミック・ブロンド
  9. ゴジラ 怪獣惑星
  10. 火花

10本思い出せましたので、他にももしかしたらあったかもしれませんがキリがいいのでとりあえずこの10本について書いていきます。

続きを読む

10年間の愛を込めて

10年間、同じジーンズを履いていた。

黒いジーンズで中学生のときに買った。10年前はツイッターを始めるどころか、そもそも携帯電話(今でいうガラケー)さえ持っておらず、テレビ以外の情報源は僕にとって存在せず、ブログという言葉が浸透し始めたころじゃなかったかと思う。

そんな時代に、Levi'sでジーンズを買った。今も履いている。

www.timelessclothing.jp

続きを読む