Diary over Finite Fields

515ひかるの日記と雑文

気がつけば道半ば

いつの間にやら、今年も半分も終わろうとしているそうだ。

そういえば1年は12ヶ月あって、12の半分は6なんだけど、6月が1年の折り返し地点だという感覚をもったことがあまりない。大学時代も4月と10月が上期と下期の始まりだったし、1月から何かが始まるという感覚も、6月が半分だという感覚もない。

とはいえ、事実として今日で2019年の約半分が終わるようだ。平成が終わったことよりも実感がない。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスって大事だなぁって、このところ思っている。

boxil.jp

カスタマーサクセスってなに、という話はてきとうなWeb記事をはってお茶を濁すとして。

なんで突然そんな話が、と言われるかもしれない。実のことをいうと、大学生のとき、あるいは働き始めた当初は、カスタマーサクセスどころか「顧客に対してどう働きかけるのか」ということに対してさえ関心がなかった。しかし生きていてこの頃は、顧客にどう働きかけるのかがむしろ一番重要ではないかと思い始めている。営業を始め案件を取るところから、プロジェクトを進行していき、継続して契約をし続けてもらうために。

自分たちの課題を解決するために他者(他社)の力を借りるというのは、存外難しい。だからこそITベンダーは守りに入り詳細なドキュメントを用意しうんぬんという防御策をとった。あくまで発注者と受注者という関係で、開発(製造)に対してコストを払うのだと。

あくまできれいごとだとわかっていうが、本当は発注者と受注者という関係ではなく、同じプロジェクトを進めるチームとして動けるのが理想なのだと思う。そしてプロジェクトを進め、プロジェクトを終えた時にクライアントと成功体験を共有できているのがベストなんじゃないだろうか。そしてこれって、カスタマーサクセスと似ている気がするんだよな。いや、知らんけど。

このご時世、何かを提供したり、何かを売ったりしただけでは結局浅いものしか生まれないような気がする。そんな感覚を常々持っている。

何を言いたいかわからなくなってきたけど、そんな風に「一緒に仕事を」できるような仕事ばかりになったら俺は嬉しいと思う。まぁ、ならないんだろうけど。

世間

世間ってなんだろうな。

ずっと長いこと芸能ニュースなんて見ていなかったんだけど、最近とある案件に興味をもってなんとなくいろんな人のコメントを眺めている一連の騒動がある。具体的には言わないけれど、某トーク番組がかなり不自然な編集になっていたりするあの件。

でまぁ世間がどう思っているかみたいなことを言う人が居るんだけど、世間って誰だよ、というか何だよという気持ちがある。少なくとも俺の周りにその件で怒っている人なんて居ないし、ネット上でも「探せば」いくらでも出てくるけど探さない限りそんなニュースがあったことさえ俺は知らずに過ごせただろう。

よくわかんないけど、そういう実体のない「世間の声」とやらで仕事が手に入ったり失ったりするような業界で、まぁその人はそういう場所で働くということに何らかの合意をしているだろうからとやかくはいう筋合いはないんだけど、釈然としない。

そして、例えば世間の声みたいなものの類似品に「市場の期待」というのもあって、なんだろう、そういう実体のないものにあぐらをかいて事業を進めていると、こういう「事故」が起きたことに大変なことになったりするんだろうな。俺はそういうのはなんか、気色悪いと思っちゃうんだよな。なんてぼーっと考えている。別に何も起きなければ、問題ないんだけどさ。一般論です。

終わりに

今日は久しぶりに思いついたことを思いついたまま書く散文記事になった。

明日からは7月らしい。今年はちゃんと梅雨があったし、昨年よりは暑くない夏であってほしいなと思う。

OSSライセンスMeetup Vol.3 に参加した

参加した。

sios.connpass.com

サイオスさんといえばCVEが発行されたときによくWebサイトを参照するイメージしか個人的にはないのだけど、なんかこんなおしゃれな商品を売っている会社でもあるらしい。

www.or-st.com

別に誰かに頼まれたわけじゃないけど、宣伝終わり。

背景

わたしはその辺で働いているSEである。OSS活動にすごく意欲的というわけでも、すごい消極的というわけでもない。OSSライセンスについてはあまり詳しくないくらいの自認である。さすがにある程度文面を眺めたことはあるけれど、精読したことなんてないし、「再配布」とか「コピーレフト」とかが具体的に業務におけるどういう状態にあたるのかさえあまり意識したことがなかった。例えば、顧客にバイナリだけ納品するのと、顧客にソースコードとバイナリを納品するのと、顧客にSaaSサービスを提供するのとでは気にするべき内容が変わってくる、みたいなことを知ってからまだ1年も経っていないと思う。

きっかけはMongoDBがライセンスを厳しくしたニュースだった。その辺りを機にOSSライセンスについて少し知ろうと思っていたが、別段何か行動を起こすことはなかった。いつの間にか職場が変わり、受託開発の毛色がより強くなったのもあってOSSライセンスについてもう少し詳しくなりたいな〜みたいな気持ちがあったときに、職場の人がSlackに共有してくれたものに参加することにした。

登壇

OSSライセンスとの格闘経験から

某大手IT企業のコーポレートの知財部門の方の発表。90年代から最近にかけて、OSSおよびOSSライセンスとの関わりがどう変わってきたのか、そしてその過程で発表者がどんな取り組みを行ってきたのか、というような内容の発表だった。

それこそ最初はBSDライセンスを読み合わせる、というところから始まったとのこと。少なくともこの時点でOSSライセンスに関する経験でわたしは敗北している。

色々わからないことを調べてもFSF(Free Software Foundation)に「裁判をやってみないとわからない」と回答されたりだとか、どこか自分がわからないと思った時になんかとらえどころがない、雲をつかむような話だなと思うことが多かったのだけど、それは日々格闘している方でも同じなんだなというのが印象的だった。

様々な資料を紹介していただいたが、OSSライセンス研究所の取り組みは良いなと思った。

www.osll.jp

OSSライセンスを理解するためのIT用語の基礎知識(法務・知財部門向け)はとてもいいものだと思った。法務・知財部門の人とエンジニアが会話している光景なんてあんまり想像できないけれど、OSSを技術者が利用するといっても仕事であれば利用に責任を持つのは会社なわけで、会社の権利を守る仕事をしている人たちにもソフトウェアについて、OSSについて、OSSライセンスについて知ってもらう必要がある。その代表格が知財部門の人なわけで、非技術者が技術用語を知るというコンセプトは非常に理にかなったものだと思う。

他にもライセンスを深堀りする勉強会もやっている様子。

www.osll.jp

(元)特許部門担当の視点から

実は以前特許の話を聞きかじったことがあり、その時に僕が思ったことは「なんかOSSとは真逆だな」という感触だったのをなんとなく覚えている。特許というのは自分たちの権利を主張したり、資産やノウハウを守るために取得するものという印象を受けた。一方、OSSは権利は(強くは)主張しないものだし、なんかあんまり昨今のソフトウェア開発にはそぐわないなーという感覚を抱いていた。あくまでもざっくりした感想だが。。。

さて、発表者は特許部門からOSSコンプライアンスの部門へ異動になったらしい。どうでもいいけどわたしは小さい企業でエンジニアとして働いた経験しかなくて「異動」というものを経験したことがない。あと「部門」とかいう言葉が今日の勉強会では当たり前のように使われていたけれど、そんな明確な部署だとか部門だとかがある組織に属したことがないのでなんか不思議な感じがした。さすがにエンジニアチームみたいなのはあったけど、どういうプロダクトを作っているかでわかれているだけだし、対立なんて別になかったし...

脱線した。話の内容としては、知財部門がOSSライセンスについて会社にできる価値提供は(非常に見えにくいのだけれども)、ビジネスをなるべく止めないで、でもOSSライセンスを遵守した上で使えるようにすることだというのが主な主張だったと思う。色々と共感できるお話が多かった。OSSライセンスに関連する内容は(特許部門とは違って)標準化されている工程があまりなく、各社の工夫でやっているというのはわたしも現場を2社しか知らないけれど痛感するところではある。

ディスカッションタイム

様々な質問がでて、面白かった。ブログ執筆枠で応募していたので一番前の席で机も電源もあったのだが、前の方の席の人たちがかなり積極的に発言をしていて非常に濃ゆい時間だったと思う。

わたしは開発者(技術者)なのだけれど、知財部門の方、マーケティング部門の方などもいて本当に様々な目があるのだなと思うなど。

Q&A のメモを読み返してみたけれど、Q&Aよりも個人的に衝撃的だったのはOSSを一切使わない受託開発の話でしょうか。詳細をここに書いていいかわからないのでこれ以上書きませんが...

まとめ

終わったあと頭がぼうっとしてしまい、なんか目がうつらな状態で帰路を過ごしていた気がする。とても充実した時間だった。

非常に面白かったのに、ブログ枠に全然人が集まっていなかったのでみなさんも次回以降は(あれば)ブログ枠で参加すると良いと思う。机と電源があるの非常に快適でした。

主催者の方、登壇者、スタッフの方、お疲れ様でした。そして楽しい会を催していただき本当にありがとうございました。

Apple Watch買った

買ったシリーズ。

Why?

以前キャッシュレスにハマっている1みたいなことを書いたけど、最近はSuicaとDebitカードに落ち着いている。額がある程度2大きいかネットショッピングでは原則クレジットカードを使うようにしていたのは以前からそうだったので、現実での少額の支払いがSuicaやDebitカードに移行した形だ。

わたしはApple PayのSuicaをiPhone 8で使っていて、ほとんどストレスなく使用していた。しかしある日、電車に乗ったりコンビニで支払ったりする回数が増えるにつれてこう思うようになっていた。

「ポケットからiPhone取り出すの、面倒くさくね?」

たった3ヶ月前まで、コンビニに行ってジュースをひとつ買うにも財布を取り出し、必要な額の現金を取り出し、お釣りとレシートと商品を受け取っていた男が、ポケットからiPhoneを取り出すだけで決済できるようになったのにもかかわらず、それさえも面倒だと感じるようになったのだ。我ながら驚いた。改札の前でポケットから出してかざす、コンビニのレジの前でポケットから出してかざす、ただそれだけのこと。ただそれだけのことだとわかっているのだが、面倒なのだ。

ということで、Apple Watchを買った。ウェアラブルSuicaにするためである。

睡眠記録

日常の些細な面倒ゴトを解消するのがストレスの軽減につながるのは知っているのだけれども、とはいえそのために6万円という数字は決して安いものでもない気がする3ので、実はもうひとつ調べてほしいなと思った機能(というかアプリ)がある。

それが AutoSleep だ。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

  • Tantsissa
  • ヘルスケア/フィットネス
  • ¥360

Apple Watchをつけて寝るだけで睡眠時間、質、眠りの深さなどのログをとってくれるというスグレモノ。

実は昨晩、この頃の多忙により久しぶりに寝落ちしてしまったのだが、そのログもちゃんと残っていた。もちろん時間も短く質の良い睡眠ではなかったが……

この機能は確実にウェアラブルデバイスでないと体感できないと思ったので、上記のSuicaとこのAuto Sleep目当てに導入した。

満足度

まだ1週間くらいしか経っていないけれど、とりあえずSuicaは期待通りのUXで良い。ちなみに改札で左腕をかざすのが難しい問題がよく知られているが、わたしは右腕につけている。別に改札のためではなく、わたしは左利きだからである。

次に、Auto Sleep。ログはとっていてもまだあまり分析できていない。今のモチベーションとしては、消灯という項目を設定することで毎日入眠するのにかかった時間を翌日に計測できる。入眠が下手なので、このへんの分析をしていきたい。

予想外に面白いのがアクティビティ機能だ。なんかあまりなにも考えずに雑に設定している4のだけど、通勤をしていると勝手にエクササイズをしている記録が付き、ただ立っている時間が長いだけで「目標を達成しました!」と褒められたりする。わたしが立っている時間が長いのは、逆に言うとコードを書いている時間がみj...げふんげふん。ということで、色々褒めそやされているので悪い気はしていない。

他にもTodoistやGoogle Calendarの通知が腕に来るのがちゃんとリマインダーとして機能したり、SiriにiPhoneを探してもらったり、あまり使いこなしてる感はないけれど毎日つけ続けるメリットは感じているかな、という状態。思っていたよりも満足している。正直Suica以外何も得るものがなかったらメルカリで売ろうかくらいに思っていたが、普通に毎日使いたい。

まとめ

上述のように、わたしはあんまり健康に興味がないのだけど、一方で自分の無意識の行動が可視化されていると、意外と自分は運動に相当することをしていたんだなとか、代謝悪くないなとか、そういうのが数値で見られるというのは面白いし結構興味を引かれている。意識して自分から設定しなくても、記録をとることと可視化をすることはApple Watch側が勝手にやってくれるというのが本当に楽でなんのモチベーションもなかった自分がここまで満喫できているのがすごいと思う。

むしろSuicaなんかよりも自分が一番変わったのは、自分のささいな行動が自分の健康であったり、運動量であったりに意外と簡単に関係するのだという認識が持てたことじゃないかと思う。いやSuicaはSuicaで便利なんだけど。

Apple Watchのある生活が早くも当たり前になりつつあるこの頃。


  1. この記事が一番近いけど明確にいつ始めたというのは書いていないようだ。もはや思い出せない。

  2. だいたい5,000円くらいを目安にしているけれど、特に決めてはいない。

  3. 高いものでもないと思うが。

  4. わたしは健康に全然関心がない。あとBMI計算でほとんど痩せすぎの普通体型なので運動するモチベーションとかも特にない。

まだ初夏

暑い。

家に帰ると、部屋の中から夏の匂いがした。ただ単に不快というだけじゃなく、イヤな気持ちになる。

季節はまた変わるのだ。どうしようもなく。

厳密に言うと、まだあまり夏という感じがしない。どことなくカラッとしていて、確かに暑いことには暑いが、しつこさや嫌味ったらしさがない。でも結局、良い心地がしないのは変わりない。

やっぱり夏は嫌いだなとまた思う。まだ夏ではないけれど。

近況

さて、最近書いていなかった近況報告でもしようと思う。あ、でも「入社した」は近況報告に入るのかな、入るか。じゃあそんな久しぶりでもないね。別に久しぶりじゃないからって書くのやめないけど。

借金

実は小さい借金(数十万程度)があったんですが、完済しました。1年と3ヶ月くらいかかりました。思ったより時間がかかったのはわたしが計画性がないからであって、収入が少なかったとかそういうことではない。まぁ収入が少なかったので借金をしたのですが...

他にまた細かい借金があるというか、負債は常に抱えているわけですが1、とりあえず利子がチョットつく借金はそれだけだったので、それが返せてホッとしております。はい。

若くないウェルテルでもない男の悩み

ここのところ漠然と悩んでいることが多い。この数年間、わりと悩みは具体的なことが多かった。まぁあえて言わないが、かなり長いこと同じことをメインテーマに据えて人生をやっていたので、その悩みが"終わって"しまった今、悩んではいるんだけど何に悩んでいるのかよくわからない。いや実際はある程度わかっているんだけど。

もちろん、苦しいとまで思わないのだけど2。それでもなんか毎日に空虚感を感じている。ある意味暇だからだろうか。

とりあえず、いい加減友達が少ないというか、狭いコミュニティで安住しようとする傾向をなんとかしようかなと思ったり思わなかったりしている。

実家

このところ実家に帰っていないことに気づいた。東京が楽しいからというより、地元が遠いのといわゆる大型連休の時期は新幹線が激混みするので全く帰る気にならないというのが理由だ。

というわけでなんか半年以上帰っていなかったのだが、昨晩用事があって電話したら流れで今度帰ることになった。金曜に帰って日曜の朝とか昼とかに帰る段取りのやつだ。たまにはいいだろう。盆には早いが、イマドキ別に盆と正月には帰らないといけないなんて律儀に守らなくても良い。

おわりに

就職したら技術記事書くの再開しようかな〜なんて思っていたけど、最近 Tensorflow なんもわからんになっているので、何もわからないです。

TensorFlow&Kerasプログラミング実装ハンドブック

TensorFlow&Kerasプログラミング実装ハンドブック

実践 Deep Learning ―PythonとTensorFlowで学ぶ次世代の機械学習アルゴリズム (オライリー・ジャパン)

実践 Deep Learning ―PythonとTensorFlowで学ぶ次世代の機械学習アルゴリズム (オライリー・ジャパン)


  1. 奨学金の返済が死ぬほど長いのと、クレジットカードを使っているので、1回払いでも負債は負債。でもあんまり負債だと正直思っていないけど。

  2. 生き続けるのが苦しいと感じていると書いたのは本心だけど悩みすぎていて苦しいとは思っていないという意味。

赦し、赦され

誰かから赦されたい、そんなことを常々思っている。

わたしは後悔なんてないとうそぶいて、毎日のように思い出して突きつけられるやらなくてはならなかったこと、やるべきではなかったことに目をそらしつづけ、たまに直視してももう自分にできることなんてなくて。それでも生き続けるしかなくて、仕方なしに生きている。死にたいわけではないが、生き続けるのは苦しいと感じている。

何をすれば自分が赦されるのだろう。「誰が」赦すのかもわからないけれど、そう例えば神のような存在がわたしを赦すとしたら、わたしがどういうことをすれば赦してくれるのだろうと、空想する。


そんな折、ライブに行った。

www.loft-prj.co.jp

わたしはライブが好きだ。あんまり行かないけど、好きだ。語彙力がないのでアホみたいな文章を書くと「同じ時間、同じ場所で同じ音楽をみんなで共有できるって最高じゃね?」と思うから好きだ。

そしてライブを見ながら、黙って「メシア」を聴きながら、自分について考えていた。音楽について考えていた。

www.youtube.com

世の中に音楽をやっている人には2種類いると思います。いろんな楽しいことの中のひとつから音楽を選んだ人と、

歌でも歌わなきゃやってらんなかった人です。*1

こんなMCから始まった「メシア」は何度も聴いた歌詞が、なんども聴いたメロディが、そのときのわたしの気持ちと相俟って、赦しを求めて叫んでいるように聴こえた。

背負ってしまった罪から逃れるでも、目をそらすでもなくて。ただ歌を歌うことが赦しにつながるような気がした。

もちろん、これはわたしにはそう見えたというだけの話だ。わたしの気持ちの話だ。でも、それで少し自分が何をすればいいのかわかった気がした。


わたしはこれからもまだ生き続けないといけない。やっぱり、まだ生き続けることが苦しいと思うけれど、やっぱり生き続けようと改めて思う。

たとえば、贖罪というと他人のために何かをすることが筆頭に挙げられると思う。でもわたしが誰かを幸せにできるなんて、笑顔にできるなんて、傲慢なことはとてもじゃないけれど思えない。

でも、どんなものを背負ってでも生き続けることが、自分の求めている何かにつながるんじゃないか。いまはそんな風に思っている。

GLORIA QUALIA

GLORIA QUALIA

*1:もちろんメモとってないので不正確な引用かもしれない。

単調な生活を繰り返すだけ

何かの始まりや、何かの終わり。それを越えるまでは、その先があるなんてとても信じられないけれど、越えてしまえば確かに存在する。

単調な日常、退屈な日常。

日常の先にまた節目があって、また全力でその節目を越えるために尽くす。そして越えて、また日常がやってくる。

そんなことを、考えていた。

なぜか、未来はあるんだ。未来がない、という宣告をされることだってあるかもしれないが、少なくとも今の僕には未来が存在してしまう。だから、何か大きな壁があっても、大きな節目があっても、僕にとってそれはただの通過点に過ぎない。

子供の頃なんて特に、何かをなせば自分は自分であることを終えられるんじゃないかなんてぼんやりと思っていた。でも、どうしようもなく自分は自分で、それを変えることなんてできない。

何かをやめれば、何かを終えれば、何かを始めれば、自分は変わると思っていた。何かを手放せば、自分を諦めきれると思っていた。

残酷なまでに、僕は変わっていない。どんな山や谷を越えても、僕はきっと僕のままだ。

変わらない僕が、舞台を変えて、違う役割を演じている。

嫌ではない、むしろ逆。心地いい。

でもきっと、かつての自分が望んだ人生ではない。

入社した

無事入社しました

そういえば書いていなかった。入社をした。

初出社の日は緊張して1あまり寝られなかった上に、早くに起きてしまった。10:00からと言われていたのに9:00過ぎには会社の近くについてしまっていて、エクセルシオールで時間を潰してから出社した。

現時点では、異業種に来たなと感じている。嫌じゃない、むしろ求めていたことのような気がする。まだ確信は持てないけれど。

あんまり言うと前職の話に繋がってしまうし、終わった関係性についていつまでもグチグチ言うのは、別れた女の悪口をいつまでもいう男みたいで、格好悪いからしたくない。僕はこれでも、自分が格好悪いと思うことはしないようにしているつもりだ。

本当に? これでも昔よりは素直になったんだよ。でも、自分が格好良くなりたいとは思っていない。

思うこと

今の自分には、何もないように感じている。自分は仕事がデキるなんて思ったことないし2、自分が何かをやれるとは思っていない。

知らないこと、わからないことがたくさんある。それでもやるしかないと思う。

入社してからわりと早い段階で最高のメンバーでうんぬんかんぬんみたいな浮ついた文章を書く人もいる。僕には書けない3けれど、せめて少しはそういう気持ちを持てたら良いなと思う。まだ4営業日だし何もわかっていないけれど。

何にせよ、地に足をつけて歩いていきたいと思う。浮ついても焦っても良いことはない。

余談

寝たくない言い訳に、この短文が生まれた。季節はそろそろ夏。

心を鎮めるために温かいココアを作ったけど、やっぱり映画が始まる前のような緊張が、自分の身体から抜けないままでいる。

まだ慣れない。慣れようとして慣れられるものでもない。僕はただ、足を前に出すことを繰り返すだけだ。


  1. 実態は緊張だったのかわからない。

  2. 他人からはそう言われたことは幾度もあるけど、やっぱりあんまり自信が持てない。

  3. 書こうとしたら書けるのだろうか。やろうとしたこともない。