Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

明日への展望とか

オリオン座

ふと空を見上げると、オリオン座が見えた。僕はオリオン座以外の星座はひとつも覚えられない。雨やくもりが長らく続いていたこの街で久しぶりに星を見て、ガラにもなくキレイだなと呟いた。

この街に住んでもう1年になるが、こんなに星がキレイだなんて知らなかった。

時刻は午前5時少し前。しばらくの寝不足と仕事の解放感から帰宅したあとすぐ眠ってしまい、中途半端な時間に覚醒したあとのことだ。この時間のコンビニの店員は冷たいが、自動販売機に売っている缶コーヒーはいつも通り少しあたたかかった。

そんな、少しの非日常を今朝は過ごしている。

未来のことを、考える

明日のこと、ひいては未来のことを少し考える。明日どうなっていたいだろう、来月は、来年はどうなっていたいだろう。

星を見ながら、そんなことを考えてみた。

現実的なこと、理想的なこと、いろんなレベルでの話がある。でも理想に近づくためには、あるいは現実をよりよいものにするためには、いまの僕には何ができるだろう。何をしたいだろう。

人はすぐには変わらない。自分を変えたいと思ってもなかなか変わらない。本を買っても読まなければ知識は手に入らない、知識だけ仕入れても実践しなければ身につかない。

明日のために今日何ができるか、未来のためにいま何をするべきか。自分を変えるべきか、周りを変えるべきか。

とても難しい。正解はどこにもない。

わかること

でもひとつだけ、今日の思索の中で断言できることがある。

東京オリンピック開催期間中は東京に住んでいたくない。