Diary over Finite Fields

515ひかるが書き溜めたメモとコラムと雑記

散文 〜とりとめもなく思いつくままに〜

自分が成長している気がしなくなったのはいつからだろうか。

日に日に新しいことができるようになっているはずで、毎日成長しているはずだ。だけど、自分が変わっている気がしない。実際変わっていないのかもしれない。

以前は興味があったことに興味を失ったり、以前は楽しかったことが楽しく感じられなくなったり。

前回と同じことからスケールアップしたいのに、「時間がない」とか様々な理由をつけて同じことをなんども繰り返していたりして。

毎日、どんどんバカになっている気がする。

細かいことは言わないけれど、最近政治をすることが増えた。政治というほどの段階までは来ていないといえば来ていない。どちらかというと「根回し」や「調整」という言葉が近い。

僕はこの「根回し」や「調整」が下手な人間であることを自覚している。僕が直接に口や手を出すとうまくいかないので、基本的に僕が手の届く範囲の人で仲間を作り*1、その仲間に根回しや調整を実行してもらうことが多い。ここでなけなしのコミュニケーション能力を振りしぼるのである。

この行為は正直言ってものすごく疲れる。今までは自分の独断で色々とやってきたが、色々と事情があって自分だけでなんでもやるというのはさすがに無理になってきた*2。なのでこうした疲れる工程を踏む必要が生じて来た。

どちらがいいでもない、トレードオフだ。自分が全責任を取れるなら独断でもいいが、何せ僕は取締役でもなんでもない。責任がとれないなら情報の共有をきっちりし、然るべき人の許可をとって実施するべきだ。今までのことは棚にあげる。

多かれ少なかれ、自分のやりたいことを実現するためにはそうした前段階の工程が必要で、自分たちが何を求めているのか、どんな環境にするべきか、どんな環境であるべきなのか。そうしたことを責任者に向かって発信し、認めさせるというプロセスを踏むべきだ。

と、息巻いていたわけだが、最近は諦めが先に立つようになった。

諦めの理由は然るべき時が来たら書くかもしれないが、ぼかして書くと、僕の人格でもコミュ力でも技術力でもない理由で僕の意志がないがしろにされる状態に陥ったからだ。

今までも不満はあったが、自分の至らなさが根底にはあった。しかし最近は自分にはどうすることもできない理由で意思決定の場に参加できなくなった。

おかげで、いろんなことがどうでもよくなった。

明日自分が何か新しいことをできるようになっている期待もなく、明日は今日よりも仕事がやりやすくなっているという期待もなく、ただ漫然と平日が過ぎるのを待ち、休日を待つ。

そんな会社員に、僕もなっていくのだろうか。

いつからだろう、かつて嫌っていた人間にどんどん自分が近づいて行くと気づいたのは。

金とセックスの話しかできない会社員なんていやだ、と書いたのはいつだったか。僕はまた、嫌いな大人になるのだろうか。今の僕は、一年前の僕が嫌っていた大人じゃないだろうか。

そんなことを思いながら眠りにつく。

*1:ここで失敗するとかなり大変なことになる。下手な人間を仲間にするとあとで自分が疲弊する。

*2:どちらかというと今までが異常だった。